大阪府議会議員 土井達也 公式Webサイト 2000.12.1

599-0201 大阪府 阪南市 尾崎町93-6 尾崎駅山手ビル2階  TEL:072-471-7357  FAX:072-471-8004 メール:t.doi@nifty.com  Webサイト:http://www.tdoi.net











土井達也事務所

〒599-0201
大阪府 阪南市 尾崎町93-6
尾崎駅山手ビル2

Tel.072-471-7357
Fax.072-471-8004

   

Since 2000年12月1日











橋下ステーション






 

 


土井達也 プロフィール
1967年 生まれ
妻と娘2人の4人家族

1992年 明治大学卒業
2000年 和歌山大学大学院修了(経済学修士)※社会人・夜間大学院でした。
2017年 東亜大学大学院修了(法学修士)※通信制大学院でした。

1992年 ㈱長谷工コーポレーション入社 

1997年 阪南市議会議員 初当選 当選回数2
2003年 大阪府議会議員 初当選 当選回数4


一般質問作成過程の「見える化」!!!
以下は、一般質問の発言通告書3番
『サザンビーチ周辺(りんくう公園等)のまちづくり』で、
ご紹介した「民間による都市公園整備」のお話



府営公園整備を「泉南市」が譲り受け、

民間による公園整備を目指す!!!


泉南市長は、東京にも呼ばれて講演!

日本計画研究所ホームページ

マスコミって、なんか無茶苦茶~

よい機会なので、
一般質問作成過程の「見える化」!!!

第4弾

とりあえず、
現在、問題となっている
環境農林水産部への一般質問を見ておきます!

発言通告書の8番
「大阪漁業における新たな担い手の確保」


結 論
(今後、記載)


府政相談者

岬町小島の小島漁業組合長 山原 学 様


調査の経緯
 2017年5月12日に、
和歌山県農林水産部水産局水産振興課企画流通班井出剛様、内田廉様
和歌山県の漁業や漁業の就業、
ブルー・ツーリズムについて、和歌山県庁にて、意見交換。
(他の部署もたくさん回っています。)
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/post-8dcc.html

2017年5月30日に、
岬町田代たかし町長のタウンミーティング、
岬町小島集会所19時~に出席させて頂く。
小島地区のみなさんから、
大阪府に関わる要望がたくさん出ました。
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/post-3e31.html
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/in-7952.html
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/post-b9dd.html

2017年6月7日に、
岸和田土木尾崎出張所そがわさんと岬町役場へ。
5/30の返しと、岬町の要望を頂戴して現場へ。
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/06/post-02ad.html
⇒発言通告書の9番「川から木」も、
基本ここで岬町土木のみなさんから頂戴したお話。


2017年6月14日に、
タウンミーティング時に小島地区から頂戴した課題の返しに、
小島区長山原学様を伺う。小島漁業組合長もされている。
ここで、地区のみならず、小島漁業についてもお話を伺い、
和歌山県との境界にある大阪側の集落が小島なので、
5/12に伺った和歌山漁業の現状もお話しし、
組合長の課題もお伺いする。これが、質問項目となる。
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/06/post-8e59.html

組合長が全国から若い漁業就業者を小島に連れて来るが、
住まいが、ままならないとのお話もあり、
こちらは質問には乗らなかったのですが、
大阪府住宅まちづくり部に一般質問では要望し、
2017年11月20日に、
大阪府住宅まちづくり部山下久佳部長や
芝池利尚理事、河原奈穂子総括主査が、
岬町役場や小島地区を訪れてくれている。



質問作成の過程
(今後、記載)

マスコミって、なんか無茶苦茶~

よい機会なので、
一般質問作成過程の「見える化」!!!

第3弾

とりあえず、
現在、問題となっている
環境農林水産部への一般質問を見ておきます!

発言通告書の5番
「樫井川の兎田ゴム堰」


結 論
(今後、記載)


府政相談者

泉南市兎田区長 南 茂 様
泉南市兎田区 水利委員 中野 淳一 様
泉南市兎田区 水利委員 向井 保 様他、
兎田ゴム堰に関わるみなさま
案件を仲介して頂いたのは、
泉南市議会議員 竹田 光良 様


調査の経緯
 竹田光良・泉南市議会議員より、
兎田井堰の改修で地元が困っているとお話を頂戴する。

2017年5月16日に、
竹田市議と泉南市兎田区長、兎田区水利委員のみなさんと、
ゴム堰の現場で、施設を見せて頂きながら、お話を伺う。
次回、関係者が集まって、問題の共有化をまず図りましょうと。

2017年7月11日14時~、
兎田老人集会所(泉南市兎田469-1)にて、
関係者が一堂に会する。
兎田区長、兎田区水利委員、
大阪府都市整備部岸和田土木事務所河川砂防G、
大阪府環境農林水産部泉州農と緑の総合事務所耕地課
泉南市役所
竹田光良泉南市議
私で、
基本的な問題・課題と補助制度の種類とポイントなどを共有化。
次回、稲刈りが終わってから会議を開きましょうと約束したが、
現在のところ未開催。
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/07/post-a93a.html

質問作成の過程
(今後、記載)


マスコミって、なんか無茶苦茶~

よい機会なので、
一般質問作成過程の「見える化」!!!

第2弾

発言通告書の6番
「岸和田土砂問題から派生した事案」

結 論
岸和田土砂放置問題(大阪府が行政代執行で解決)

大阪府が土砂撤去を指導

泉佐野へ土砂を移動3千㎡ギリギリ

泉佐野は、現在も放置されたまま
(今後、記載)
時系列が分からないと、この本質は見えず。
後日、作ってみます。


市町村の条例化と国の法整備が必要


府政相談者

阪南市舞在住の方からの案件。
実際の案件当事者は、泉佐野市で事業をされている息子さん。


下の発言通告書の5番目「岸和田土砂問題から派生した事案」について。


調査の経緯
 今年の2月下旬頃、
阪南市舞の方から息子さんの件でと封筒を頂戴する。
封筒には、下記上申書。



 ㈱コウトクとは、こちらのHPにて

記憶にあるでしょうか?
岸和田市の河合町で土砂が積まれて、
大阪府が行政代執行をした事案がありました。

この際に、
大阪府は土砂を搬出するように指導したところ、
その時点では業者名は公表しておらず、
その業者が別の地域の土地に土砂を積み、
3千㎡以下の場合大阪府の条例に引っかからないと知恵がついているので
3千㎡弱の土砂を盛りトンズラ。

その後、岸和田の件は、
大阪府が行政代執行で決着するが・・・

 搬入され放置された土砂の土地所有者にしてみれば、
この事例が大阪府の指導の下に行われたことに、
当然憤っておられる案件。

業者名が公表されたのは、土砂が放置されてから。


 2017年3月2日に、
大阪府泉南府民センタービルにおいて、
私、民間関係者、大阪府泉州農と緑の総合事務所北宅所長、増山次長で、
意見交換、会議。
(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/03/post-89ea.html

 下の写真は、その会議にて提出された現場写真。
 

現在でも、土砂は放置されたままです。
現場に行ったブログはないのですが、
現場写真は2017年10月1日に撮影しています。


2017年12月7日(木)
監査委員の松本先生が、明日、
岸和田土砂問題場所へ行かれるそうなので、
派生問題であるこの件の上記上申書と写真をお渡しする。


質問作成の過程
(今後、記載)


マスコミって、なんか無茶苦茶~

よい機会なので、
一般質問作成過程について、
見える化しておきましょう!!!

第1弾

発言通告書の4番
「和泉葛城山の国の天然記念物ブナ林伐採」
についてから。


結 論
和泉葛城山の国の天然記念物であるブナが3月下旬に伐採された。
樹齢
300年を超える樹木。
何の手続きも、合意形成も経ず、伐採。
大阪府は、森林環境税を府民に課しいる。
こんなあり得ないことが行われ、隠ぺいに注力し、
誰も、何も、ケジメを付けない、
このザマはなんだ!

もし、一般の府民が同じことを行った場合、
同じように、一般の大阪府民をそこまでして大阪府は守るのか?
一旦、ここで、大阪府にケジメを付けることを求めた案件。


府政相談者
新聞記事に実名が報じられているので、記載しておきます。
泉南市在住の田中正視様からの案件。


問題になっている環境農林水産部への質問について、詳細にみておきます。

私の発言通告書は、下表の通りで、環境農林水産部へは4つの質問を行っています。

 

まず、発言通告書の4
「和泉葛城山の国の天然記念物ブナ林伐採」
についてから。
  

調査の経緯

2017429日(土)泉南市ABCまつりにて、
男里川の自然を紹介するブースにいた元りんくう翔南高校の田中先生から、
俺の話を聞け!ということで、和泉葛城山の天然記念物であるブナが
3月下旬に伐採された、
樹齢
300年を超える樹木だ、森林環境税を府民に課して、このザマはなんだ!と、
お叱りを頂戴。まず現場を見てきますと約束。

(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/04/post-a571.html

 201752日(火)
国の天然記念物の窓口となる貝塚市教育委員会社会教育課の方にお話を伺いにいく。
和泉葛城山町付近は、
和歌山県、大阪府の貝塚市、岸和田市などの境界線が集まっているところですが、
伐採された国の天然記念物のブナは貝塚市域にあます。

(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/post-fe7d.html

ちなみに、新聞記事は20170501朝日新聞夕刊で報道されました。



201754日(木)
国の天然記念物である和泉葛城山のブナ林と伐採されたブナの木を確認。

(ブログ http://doitatsuya.air-nifty.com/blog/2017/05/858m-d23f.html

 

何の合意形成もなく、地元自治体にも話しはなく、
国の天然記念物のブナ林のブナが伐採された。
しかし、誰も、何の反応もないまま時はすぎた。
大阪の山や法律等の関連資料を収集。例えば、次の頁のような資料。

環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課
平成29年3月発行

質問作成の過程

で、今回、一般質問で私、土井達也が取り上げる。
大阪府教育庁には国の天然記念物を扱う場合の手続き論の確認質問を、
環境農林水産部には実際に生じた伐採についての見解を質しますと。

手続き論としては、
本来、国の天然記念物のブナ林
でブナが林道やそこを歩く方々に危険が及ぶ場合は
樹木を伐採するのではなく、通行を禁止するのが原則。

特例で伐採は可能であるが、何の合意形成もなく伐採することなどはあり得ない。
今回の場合は、完全にアウト案件。


質問作成過程で、この質問の取り下げを望むような発言が担当課からあり、
また、泉南市の田中先生のところまで足を運び、話をしにいっている。


と、簡単に記載しましたが、この件は、職員の抵抗は相当なものでした。
初めて経験すること、なかなか経験できないことが数多くあった質問過程でありました。
 

QAについては、私このHPhttp://www.tdoi.net/)下の方をご覧下さい。

 この質問は新聞記事になっておりまして、
下記の通り、読売新聞
2017.10.05朝刊でした。
 

とりあえず、第一弾として、
一般質問の発言通告書
4番「和泉葛城山の国の天然記念物ブナ林伐採」について、
「調査の経緯」、「質問作成の過程」について記載しました。


片山元鳥取県知事(元総務大臣)が、
「地方議会はママ事だ!お遊戯だ!」と何十年も前に言って、今も発言を続けていますが、
もう時代は変わっていますよね。片山さんの論は、古過ぎる。

上記の記載でも分かるように、
環境農林水産部では取り下げてくれという項目であり、
部局がやってくれと持ち込んでくる内容ではない

本議会の壇上に上がるまでに、凄まじい攻防があるわけです。


そもそも、田尻町、泉南市、阪南市、岬町と選挙区が急激に拡大し、
府政相談の数は倍増しており、現場で生じている矛盾を山のように抱えている。
一般質問で扱って光を当てていかないと、自分自身がもたない。


つまり、環境農林水産部からの、役所からの、
役所が作った質問に価値を見出せない、そいう状況にあるということ。


 しかし、もし仮に、
世の中がひっくり返るようなものが役所から持ち込まれれば、
しっかりと扱いますけどね~。

そういう案件は、役所は、対策を作って、知事に挙げますよね。
議員には回らない。
そんなスカスカの、大本営Q&Aに議員が関心を持つとは思えないな。


次回、第二弾「岸和田土砂問題から派生した事案」について、みていきます。
これも、矛盾に満ちた案件。乞うご期待!


大阪府議会議員 土井達也 の一般質問

登壇原稿と使用パネル、答弁









府政報告書『土井達也ただいま活動中!』vol.199
カラー・バージョン

平成29年12月2日(土)に、

田尻町、泉南市、阪南市、岬町にて、

新聞折込

大阪・関西は、2025年万博の誘致をめざしています。

大阪府議会は、万博誘致活動に全力で取り組んでいます。


大阪府議会「万博誘致」情報共有サイト



南海電車 通常ダイヤへ!

平成29年11月23日(
祝・勤労感謝の日)から!





平成29年(2017年)10月22日(
台風21号 南海電車の被害について
大阪府関係の動き


全般に渡り、
大阪府岸和田土木にて、
大阪府管理河川・男里川での工事等の
許認可等を緊急対応

10/23(月)知事室へ連絡
知事より、府内各所で被害が多いので、
竹内副知事が要望事項等を受付けるとのこと。

10/24(火)竹内副知事に土井個人として、
南海電鉄復旧への要望

10/25(水)水野阪南市長等とともに、
竹内副知事へ南海電鉄復旧の要望

10/26(木)大阪府教育庁にて、
高校生向けの臨時バス運行を決定(箱作駅等)。

10/27(金)松井一郎大阪府知事が、
南海電車復旧に関して、
近畿運輸局長へ要望と
南海電鉄取締役社長へ申し入れ

10/28(土)石井大臣視察

10/31(火)教育常任委員会にて、
大阪府教育庁の迅速な対応に御礼と
今後のご協力要望

11/7(火)松井一郎大阪府知事国要望

11/8(水)知事への御礼と
今後のご協力要望

11/9(木)水野阪南市長等とともに、
竹内副知事へ迅速な対応への御礼と
今後の協力要望
松井一郎大阪府知事に、
迅速な対応への御礼と
今後の協力要望

2017.11.11 朝日新聞 産経新聞


↑↑↑ クリックで大きくなります!


↑↑↑ クリックで大きくなります!

平成29年11月22日(水)現在

維新本部では、
馬場・日本維新の会幹事長も、
今井・大阪維新の会幹事長も、

丸山氏の離党届は受理していない。

よって、会議の議題・テーマになったこともない。

何ら、俎上に挙がっていない。

また、松井代表より、「離党理由にはならない」。

従って、現在でも日本維新の会、大阪維新の会の
大阪19区の責任ある支部長である。



泉南市はこれからで、11月17日(金)13:00~14:00です。

阪南市の議題  /  岬町の議題  修正分  /  田尻町の議題

アップした上記PDFファイル以外にも、
今回の南海電車の件等々の意見交換を行いました!


泉南市の議題







一般質問




一般質問の記事
読売新聞2017.10.05朝刊


登壇原稿と使用パネル、答弁





大阪府議会9月定例会
  

定例会資料

総務部 / 財務部 / 福祉部 / 副首都推進局 / 政策企画部 / 公安委員会

健康医療部 / 教育庁 / 都市整備部 / 商工労働部 / 環境農林水産部

府民文化部 / IR推進局 / 住宅まちづくり部 / 監査委員事務局

平成29年(2017年)9月~10月
この間、堺市長選挙、阪南市議選、岬町長選、大阪府議会9月定例、
衆議院選挙、台風21号被害で南海電車運休などがありました。


岬町長選挙は、「無投票」、終了しました!
平成29年9月19日(火)告示 / 平成29年9月24日()投開票
岬町選挙管理委員会

阪南市議会議員選挙は、終了しました!
平成29年9月10日()告示 / 平成29年9月17日()投開票
阪南市選挙管理員会 開票速報等

2017年(平成29年)8月
トップページ掲載記事


2017年(平成29年)3月
トップページ掲載記事


2016年(平成28年)12月~2017年(平成29年)2月
トップページ掲載記事


2016年(平成28年)11月~12月
トップページ掲載記事


阪南・秋の陣(阪南市長選挙)バージョン
2016年(平成28年)10月30日()トップページ記事

2016年(平成28年)9月24日までの
トップページ掲載記事


2016年(平成28年)大阪夏の陣バージョン
トップページ掲載記事


2016年(平成28年)4月からの
トップページ掲載記事


忘れない 2016.03.10/2016.03.24

大阪秋の陣
2015年(平成27年)11月からの
トップページ掲載記事


2015年(平成27年)6月から
トップページ掲載記事


5.17大阪都構想住民投票日 翌日 トップページ

2015年5月17日(日)大阪都構想・住民投票までのトップページ

大阪・春の陣 統一地方選挙
平成27年(2015年)4月12日(日)
前後のトップページ


2014年12月衆議院選挙までのトップページは、こちら。

大阪府議会議員 土井達也 公式Webサイト 2000。12.1

599-0201 大阪府 阪南市 尾崎町93-6 尾崎駅山手ビル2階  TEL:072-471-7357  FAX:072-471-8004  メール:t.doi@nifty.com  Webサイト:http://www.tdoi.net